RDF

きまぐれ日記

検索エンジンから来たにゃらば、左のフォームで再検索すべし。


2012-04-14 [長年日記]

_ [family][mobile] ウルトラマンサーガ見てきた

映画館のウルトラマンサーガのポスターの前のknk

knkが見たい見たいとずっと言っているので、ウルトラマンサーガの映画を見てきた。封切りから3週間なのに既に1日1回か2回程度しか上映してなくて、そろそろ終わっちゃう感じだったので無理して今日行ってきた。

チケットは109シネマズの「良・席・予・約」で初めて購入。ワーナーマイカルのe席リザーブ同様、こっちでも座席まで指定できるんだね。手数料もかからないのでワーナーよりいいね。 ただ、東急シネマズ港北はホールが狭くてスクリーンも小さかった(シアター6)。席の段差も少ないので前の人の頭がスクリーンに重なるのもダメ。さらに、スクリーンの横にしか出入り口がないので上映中に出入りされると気が散るし、スクリーンも横切られるしで、あまりいい映画館じゃないね。 隣駅のワーナーの方は、上記のどれも該当しなくて快適なのにねぇ。

映画はまあまあ面白かった。DAIGOはそのキャラのまんまの役で、最初はゼロとのかけあいがギャグ満載だった。ストーリーはまぁお子様向けに分かりやすくてよかったのでは。

ロピアで買い物するnneとknk

映画の後はロピアで買い物。駐車場まで歩くのでここで買いすぎるとつらいんだよね。

_ [misc] ジレットからお金返ってきた

ジレット全額返金キャンペーンの返信

もうすっかり忘れてたジレット全額返金キャンペーンから郵便小為替が届いた。お得♪

_ [mail] 電子メールはもう破綻してる

2654-120217 メイルからメッセージへ: shiology

その一方、メイルの重要性がぐ〜んと下がる。 メイルはFAX同様、「旧い」連絡手段に後退します。 メイルで来るのはジャンク、という時代がすぐそこに。

メッセージは、「その相手」とのやり取りの経緯が常に表示されているので、文字や写真で「対話」している感覚。コミュニケイションの自然な形。 メイルは、一通一通バラバラ。経緯がわかりにくいので、元のメイルの本文を引用し続けることになり、見にくく醜いばかりか、トラフィックをムダに増大させている。(Macのメールソフトは、その辺もできるかぎり改善できるように進化しているからすばらしい)

これがメッセージとメイルの最大の相違。 「相手基準」のメッセージの方が、圧倒的にスマート。 その相手と関わりを時間軸で映し出す。

メイルの多さには滅入るし、大切な連絡をメイルでいただいて見落とすことも結構あるので、メッセージへの移行は必然。 実際、iPhoneのメッセージの他、すでにtwitterのDMやFacebookのメッセージが、親しい人との主たる連絡手段になっている。

確かに、電子メールはもう破綻してるよなぁ。少なくとも僕はそう。 近年、僕はもう完全に「メールが探せない人」になってるもの。 メールが多すぎて、未読のまま気付いてないメールなんてしょっちゅうだし、「あの話題のメールはどれだっけ?」「これらのキーワードでも引っかからなかったら、見つけらんないよ」なんていっつもやってる。メールは、(この議論はあとでWikiに載せとこうってな感じのやつも含め)完全に片付いたスレッドをフォルダに移動するようにしてるんだけど、移動できずにMewの+inboxに残ってるのが13,000通を超えてるもの。2年前のメールまであって、「そんなのもう片っ端から消しちゃえば?」って自分でも思うくらいひどい。

最近はフォルダ分けも無駄な努力だなって感じてて、Thunderbirdのアーカイブ/2012とかっていいアイデアだよなぁと思う。 1日120通だとしたら週に600通。月に2,400通。年に28,800通だもの。改めて数えてみると、ほんとあほくさいね。これからはメールのフォルダ分けなんてしないで、必要なのをその都度検索すればいいね。見付けられなかったらそれまでと割り切って。(笑)


2003|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|02|03|04|05|06|07|
総アクセス / 今日 / 昨日 このページのテーマ: